中国語学習

【中国留学で良かったこと(2-2)】            ~一人旅に出ることで中国語が上達できた理由~

半年の留学とは言うものの土日、年末年始の冬休みもあり更に最後の1ヶ月半は授業がないため実質的に留学先での勉強の時間は4ヶ月弱程度でした。

前回の旅から帰ってきて冬休みを過ごし、1月に入るとあっという間に授業が終わります。

大体1月の中旬にはすべての授業が終わり、そこからビザが切れるまでの1ヶ月半は好きなように過ごせますし早々に帰国することもできます。

でも、私の中では最後の1ヶ月半のすることはもう決まっていました。

それは、今度は1人で旅行をすることです。

必要最低限のものだけを残し後は船便で荷物は日本に送ってしまいました。

ただ、バックパックがなかったのでバックパッカーのようなものを買ってそれを手に繰り出しました。

目的は、各地の青年旅舎で中国の人と出会いしゃべることと、色んな世界遺産を見て回りたかったからです。

この時期の中国はとにかく空気が悪く気管支炎になってしまい、計画を断念せざるを得なくなってしまいましたが、たくさんの地域に行くことができました。

具体的には山東省の泰山、洛陽の少林寺と龍門、蘇州の水郷、雲南省の昆明の石林、大理、麗江です。

本当はチベットや福建省の土楼や武夷山、桂林、黄山なども行きたかったのですが、麗江であまりにも体調が悪くなり、近代的な病院が近くになかったため北京にとんぼ返りすることとなってしまいました。

旅先でも中国語で積極的に話せる

旅の詳細については割愛しますが、観光地ではよく写真を撮って欲しいと頼まれます。

中国人も写真取るのが好きな人多いですからね。

そんな時はチャンス!

「どこから来たの?」とかなんでもいいので話しかけてみましょう。

特にバックパッカーっぽい人達だったら、そのまま辺りを一緒に回ったりすることもできる可能性があります。

全部が全部いっていることがわからなくてもいいのです。自分に向けて話してくれる中国語に対して真摯な気持ちで接することができ、考えて、返事をするからです。

結構なんとなく授業で習ったことよりも、必要な時に調べて覚えた単語や言い回しの方が覚えているものです。

そして、青年旅舎は周辺に1件しかないところもあるので実は宿泊先も一緒だった!なんてこともあります。

もしかしたらそこから長い付き合いに発展するかもしれないですよね。

やはり青年旅舎は最高の中国語交流場だった

青年旅舎も色々大きい小さいがありますが、おすすめは何日間かそこを拠点として色々な観光地に行けるような青年旅舎です。

長いと一週間位滞在してゆっくり観光するといった観光客もいるのでロビーとかに集まって色々情報交換もできます。

アクセス方法だったり、おすすめの料理だったりと中国人の方が中国語で情報を集めるのは得意ですからね。

私が行ったところでは、麗江の青年旅舎は周りに見るところがたくさんありゆったりと過ごせるので長期滞在している人が多かったです。

最初は中国語をたくさん喋りたいと思って喋りかけたりしたかもしれないですが、しばらくするとそうやってたくさんの事が知れるようになってくることが楽しくなってきますし交流できていることが嬉しいと素直に思えていました。

更に中国語のインプット、アウトプットが自然と多くなっていくのでやっぱり上達していくものです。

そして実際に見る自然や文化にたくさん触れることができ、各地の食事も楽しめる。

五感を刺激しまくっています。

まさに一石二鳥、三鳥にもなっている状況だったので、もっと早くこういった一人旅をして中国の文化、人に囲まれた生活を送ればよかったなぁ、留学の学費を旅費に充てればよかったなぁと思いました。

留学を終えて

留学を終えてみて、本気で現地で中国語を上達したいのであれば強制的に中国語を話す環境にしないといけないなと改めて思いました。

もちろん、日本にいる時と比べれば中国語に触れる機会は圧倒的に増えていると思いますが、前述したように本科生でもない限り、授業で会うのはネイティブでない自分と同じようなレベルの外国人です。

自分もそうですが、発音や文法も間違っている所がたくさんあります。

そんな環境で留学の大半を過ごすのです。

もちろん、色々な外国の人たちと交流するのは楽しいですし、いい思い出にもなると思いますので一概にそれが悪いとは思いません。

何年か過ごす事ができるのであれば、ゆっくり上達していくことはできるし、全くの初学者であればそのくらいから徐々に慣れていくのもいいかもしれません。

しかし、私のように半年という短い時間の中で中国語の上達を一番の目的にしていた場合、自分にとってはちょっともったいない過ごし方だったかなと思ってしまいました。

もし、中級くらいのレベルに達して来ている方が中国に語学留学を考えているのであれば大学生であれば長い休みを利用して青年旅舎を利用し、色々な所に出かけながら中国語を上達させていくこのような方法をおすすめしたいです。

よかったら参考にしてみてください!!

▼以下に中国語学習の際に参考になる教材をまとめてます

>>【中国語初級者~中級者に推薦】厳選おすすめ中国語教材