野球

【高校で野球推薦を得るためには(小学校、中学編)】

みなさんは真剣に野球をやっていて、希望に溢れていると思います。

私もプロ野球選手にはなれませんでしたが、小、中、高と真剣にプロになれるように夢見て自分なりに一生懸命練習してきました。

そんな中、今だからこそ言える情報がなかったがゆえに自分の行動に後悔していることがあります。

それは

プロになるために必要な環境や近道を知ること。プロになれなくても、いい環境下で野球をすることです。

当たり前のように思えるかもしれませんが、それを知っているのと知らないのでは状況が全く異なりますし、無駄に遠回りをしてしまいます。

せっかくやる気があったのに、良くない環境のせいで野球が嫌いになってしまうなんてこともあるかもしれません。

たまたま周りの環境が良かったからいい野球人生を送れる人もいるかもしれませんが、情報がなかったが故に変な幻想を抱いて間違った方向に進んでいる人もいると思います。

まさに当時の私のことですし、私はなにより今になってもひどく後悔しております。

地域の同級生が上手い人が集まっていて、全国大会出場できたなんていうのは本当に稀なことです。

ほとんどの人はそういうことには無縁であると思います。

高校は推薦ではありませんでしたが、神奈川の名門高校(在学中、甲子園優勝)で短い期間ではありましたが野球をやっていました。

なぜ短い間だったかというと高1の時に肩関節の靭帯損傷が発覚し、それがきっかけで野球ができなくなってしまったからです。

ですが少しの間でしたが、私がその間に得た情報、環境はかなり濃いものでした。

そこで、私が本気で野球をしていた小学校~高校までの間、特に中学時代に後悔したこと、全体を通して良かったことを記事にすることで一人でも悔いのない野球人生を送ってもらえたら、参考にしてもらえたらという想いで書いていこうと思います。

高校で野球推薦を得るためには

進路の選び方というのはとても重要です。

ただやはり、何事も続けることが何よりも大事だと思います。

野球が根本好きだからうまくなりたい、高いレベルでやりたいと思えるものです。

私も小学校で野球に出会ってからはすごく野球が好きになり本当に人生が変わりました。運動も至って普通レベルだったのですが、野球を始めてからみるみると足も早くなり、野球もうまくなり、交友関係も広がっていき毎日が楽しかったことを今でも思い出します。

小学生のうちから上手い下手は分かれてきますが、とりわけ目立った存在でなかった子が成長するにつれてメキメキと上達していくなんてことはプロの選手の過去を聞いていてもわかります。

だから、小学生のうちはなるべく野球が楽しいという気持ちを持ってもらうために地域の野球チームで楽しく野球をやるのがいいと思います。

嫌いになってしまっては元も子もないですからね。

それに、しんどいのは後々やってくるものなので(笑)

小学3年の野球を始めた頃は、本当に自分でも下手だと思いましたし、ゴロなんかは上からグローブを被せるように取ろうとしてるような有様でした。

ただ、一つうまくいくとコツが掴めるというか、そこから自分でも色々と考えられるようになり上達していく過程ですごく野球が好きになった記憶があります。

私が小学3年の後半に突然打てるようになったことがありまして、そのきっかけとなったアドバイスを今でも鮮明に覚えております。

それは、「右ひじをたたむように打て!」でした。

その時は「たたんで打ったって力なんて入らないよ」と心の中で思っていたのですが、素直に聞いてみることにしました。

そうするとフリーバッティングで来る球来る球すべてピッチャー返し、センター返しで打ち返すことができたのでした。

前より力を入れていないのに力強く打球が飛んでいく感覚。

褒めてもらい試合に使ってもらい出しその後は守備もバッティングもやればやるだけうまくなっていき本当に楽しくてしょうがなかったです。

小学校までの環境は最高

私達の地域は割と野球が盛んな地域で1つの学校で平均2チームありました。

どちらのチームも区の大会で優勝候補であったので、決勝で同じ小学校のチームであたるなんてこともあったりしました。

だけどどうしても対戦すると勝てませんでした。向こうのチームの方が同級生が多く1年の年の差は飛び抜けた力がある子以外は結構あるものでしたので。

小学6年の時に一度、ドリームチームとしてその2チーム合同チーム対他の地域の5チーム合同チームが対戦したことがありました。

皆、同じ小学校の同級生です。相手は5チーム合同なので主将、副主将だけでも10人いるチームでしたが、圧勝でした。

本当に心強い同級生で中学校に入ったらこいつらと全国目指せるなと思っておりました。

更に私の中学校は3つの小学校から入学してくる、合計で5チームが一つの中学に集まる状況です。

私はそういった状況だったので、

「他の小学校チームから何人かいいやつがいれば最高のメンバーで中学野球ができる、全国目指してスカウトに見てもらって、推薦で強豪校に行く!

なんてことを考えておりました。

更に良いことが重なりました。

それは小学6年の時に3つ上の先輩が中学軟式野球全国大会に出場し、横浜スタジアムで試合を観戦にいったことです。

もう自分の中では妄想が膨らみまくっている中、更に進学する中学は全国大会に出場するなんて希望しかありませんでした。

しかし、その希望は中学校に入学してから絶望、失望へと変わっていきました。

中学野球の現実と直面

胸に希望を抱いて入学した野球部は、私が思っていた野球部ではありませんでした。

3年生はダラダラと練習をして、やりたい放題。ボールとバットでゴルフをしたり、ただただボールを遠くに飛ばす遊びをしている。形だけのランニング。

そんな風景でした。

聞くところによると、全国大会に出場した時の先輩達の実力のさることながら3年になる直前まで担当していた顧問の先生はかなり厳しく野球を指導していたらしく、環境が全然違ったとのことでした。

その先生は先輩達が3年になった新学期の際に異動になったようで、その夏の全国大会に出場した時の顧問はその後釜の先生だったのです。

その先生はあまり熱心な指導をする感じではありませんでした。練習が終わる15分前くらいにちょっと顔を出して終わりといった感じでしたね。

それをいいことに、全国大会組が引退してからずっとそんな調子だったようです。

ただ、半年で3年生は引退をするので少し我慢すれば良くなると信じていましたし、なにより同級生の可能性を信じていました。

しかし、3年が引退して2年が主導となっても状況は変わりませんでした。負の連鎖ってやつですね。

キャプテンはダラダラと歩いているのか走っているのか分からない速度でいながら後輩に偉そうに「ちゃんと走れ!」なんて言っている始末。

もちろんちゃんとやろうとする人たちも一部いましたが、9割はそんな状況に流されていましたし、中学生特有のダラダラしたのがかっこいいみたいなものがあったのかもしれません。

結局あれだけ上手くやる気のあった同級生たちもご多分に漏れず、そんな部活動を引き継いでしまいました。

私は、プロ野球選手になりたいと当時本気で思っていたので独りでもちゃんとやりたいと思ってはいましたが、相手も環境もありませんでした

結局なんの成績も残すことなく、普通に引退を迎えることとなりました。

シニア、ボーイズの存在はなんとなく知ってはいたが・・・

シニア、ボーイズリーグというものがあるということは知ってましたが、私の周りにはそこで活躍をしているという人がいませんでした。

全国大会に出場した人たちの中には推薦をもらった人達が何人かいましたし、推薦はそうやってもらうものだとばかり思っていました。

中学の部活に入らずにボーイズに入った同級生がいましたが、小学校の時にも中学の時にもうまいという印象はなかったですし、その子から「絶対にボーイズに入ったほうがいいよ!」って言われた時も正直興味が湧きませんでした。

「だって、同じ中学に入った同級生達はレベルが明らかに高いし先輩はこの中学で全国に出て推薦もらっているんだぜ(笑)」

心のなかでそう思っていました。

高校に入った時に改めて推薦の仕組みというかつながりを目の当たりにした時にあの時の誘いを断ったことをひどく後悔しました。

知らなかったことで起きた後悔の中でも私の人生でかなり大きい後悔です。

では、その高校の推薦の仕組みというものを次回【高校で野球推薦を得るためには~高校での気づき~】では書いていきたいと思います。