役に立った経験

私が、初めてバズった理由とは?バズった時にまずしていたこととは?

ホッパーくん

どうやったらバズることができるんだにゃ?教えてほしいにゃ

あ~どう

ホッパーくん、バズるためにはバズることを意識してちゃダメなんだよ。

私はあることがきっかけで中学の時にバズった経験があります。

それから私に対する周りの印象がガラッと変わり、取り巻く環境は良い方向に変わっていきました。

その後の中学校生活はとても充実して過ごしやすかったですし、そのおかげか初めて彼女を作ることもできました。

小学校の頃はお世辞にも人気があるタイプではなかったにも関わらず。

ホッパーくん

どうやったらバズったにゃ?

あ~どう

それはバズることを普段意識して行動しなかったからなんだ! 

ホッパーくん

どういうことにゃ?

バズることを第一の目的に行動していると完全に方向性を失った状態となります。

今回は私がバズったその事件を元にバズることの本質をお伝えしていこうと思います。

自分が変わると周りも変わる

あ~どう

最初のきっかけは・・・恋ですw

あ~どうのプロフィールでご紹介したのですが、私は桜木花道そっくりな性格をしていると言われておりましたし、今自分で振り返っても近いものがあったと思います。

背が高くて、喧嘩っぱやくて、スポーツができて、モテない・・・・

中学に上がるまでは、小学校の頃に振られたことを引きずっておりました。

ホッパーくん

ホント桜木花道だにゃ

さて、そんな私ですが中学に上がった時に天使のような子に出会いました。隣のクラスの清楚でおとなしい女の子です。

こんな可愛い子が世の中にいるのか!っていうくらいの衝撃がありました。

今で言ったら乃木坂にいそうな感じの子ですかね?

高嶺の花的な存在でしたが、この子と付き合いたい!この子以上の人に出会うことはないだろう!

そんな風に感じていました。

ホッパーくん

青春だにゃ

ただ、今のままだったら何も変わらない。まず、嫌われるような行動、態度を取るのはやめようとしました。

特に怒りっぽい性格はなんとかして直さないとなと考えておりました。

あ~どう

前から怒りやすい性格を直したいと思ってました

やっぱり人が怒っているのを見るのは気分が良くなかったので、1番のウィークポイントを直さないとなと感じていたからです。

最初の頃こそ全然できはしなかったのですが、段々と意識するようになると自然とできるようになってくるものです。

怒りそうになったら深呼吸をし、ここで怒っても何も問題は解決しない、何よりもその子に嫌われるぞ!そう唱えるようにしましていました。

そして、段々と人と接する時もより笑顔になり、イラッとしてもグッと一瞬唱えることによって習慣化できてたので、人に気を使ってみるということにも挑戦するようになりました。

そうすると一部の人からなんか優しいね!なんて言ってもらえるようにもなってきたのです。

そう言われるとなんか嬉しいじゃないですか?

ますます、もっと人に優しくしたいな、気を配ってそんな言葉が返ってきたらより嬉しいな。って思うようになっていました。

そうして、心と行動の変化が現れそれが段々当たり前になってきたタイミングである事件が起こりました。

いつのまにかチャンスを掴んでいた

それは、私が部活で野球をしていた時に起こりました。

校門の近くの野球部物置の近くでバッティング練習をしていたのですが、校門の近くから子供の鳴き声が聞こえてきます。

しばらく練習をしていたのですが、しばらく泣き止まないので様子を見に行くことにしました。

すると小さな兄弟の弟くんの方が転んで膝を怪我して泣いていました。

私は、その子を抱えて保健室まで連れていくことにしました。

聞いていても全然普通のことのように思われるかもしれませんが、この時の光景を吹奏楽部の同級生が上から見ていたのです。

ホッパーくん

ちょっと!みんな!見てみて!

そしてそれが噂になっていき、あ~どうは優しいというイメージが広がっていきました。

更に拍車をかけたのが、その兄弟のお母さんが学校に感謝の電話をしてきたようでその事を学校朝礼で発表していただいたのです。

これが私が優しいというイメージが固定された決定的な出来事となりました。

あ~どう

これが中学1年生の冬くらいに私が初めて経験したバズリです。

自分でいうのも大変おこがましいのですが

優しい=あ~どう

そのくらいに優しいと言われるようになってました。しかも、小学校の頃のあ~どうを知っている同級生からも言われるようになりました。

今の自分に、その時のような優しさや気遣いができているか問うてみると恥ずかしながら中学生の時の自分を見習わないといけないなと思います。

話を戻すと、自分が変わることでちょっとずつでもイメージを覆すことができることができていったのです。

その事が影響してかはわかりませんが、中学2年の時に先述したずっと好きだった女の子に告白をした際、私も1年のときからずっと好きでした。と言われ見事付き合うことができるようになりました。

あ~どう

変わろうと思い、普段から意識することで小学生の頃は女子から嫌われていた私が今度は好きな子からOKをもらえるようになったのです。

バスりはたまたま起こるのではない

私が、バズったのはたまたまその時に色々な要素が重なっただけで、バズりだけを意識して行動していたからではないのです。

バズるためのステップ
  1. 変わろうと思う
  2. 普段から意識して行動を変える
  3. 周りの見る目が変わる
  4. チャンスがやってくるようになる
  5. 普段やっていることと時流がマッチしてバズる

つまり逆を言うと普段から怠けていたり、人の悪口を言っていたりすると、ある時にちょっとしたきっかけでとんでもなく悪いイメージを与え、取り返しのつかないことにもなりかねないということです。

YouTuberにしても俳優にしても世に出て認知されるようになる人って、急に出てくるんじゃなくてちゃんと下地があってあるきっかけでたまたま皆が知るようになった人たちなんです。

あ~どう

普通の人がいきなりオリンピックに出れることがないように、ちょっと行動しただけでいきなりバズるということはほとんどないのです。

ラッキーパンチの人もいるかも知れませんが、下地がなく実力が伴っていなければすぐに消えていくでしょう。

それに普段から心がけて行動すれば、バズらなくてもきっと成長できているはずです。

それでは、では!

◆関連記事 

↓↓あ~どうとはどんな人物?↓↓

>>あ~どうのプロフィール

↓↓おすすめできる買ってよかったもの↓↓

>>【2021年2月】在宅中Amazon、楽天で買って満足した商品3選

>>間違いなくお買い得なアマゾンで購入した椅子は節約にもなるコスパ最強のイスだった

↓↓中国留学↓↓

>>【中国留学で良かったこと(2-1)】~ある時期に飛躍的に語学力を伸ばした方法~