中国語学習

【初心者必見】話せる中国語を本気で勉強するために意識することとは?

あ~どう

アイヤ!

どうも、こんにちは!あ~どうです。

あなたが中国語を勉強する目的はなんでしょうか?

色々な理由があるとは思いますが、最終的には中国語を使って色々な国の人と話せるようになりたいからではないかと思います。

そのためには今まで英語を勉強してきたようなやり方では絶対にしゃべれるようになりません。あなたも体感で分かると思います。

あ~どう

まずは固定概念を捨てることから始めましょう。

こちらを詳しく解説していきます。

そもそもあなたは何者?

学生の頃から勉強をはじめ、今年で中国語歴は19年目。

私は現在、中国の事務所と契約している俳優です。事務所には日本語を話せる人がいないので仕事のオファーや契約などはすべて中国語でやりとりをしています。

なのである程度の信憑性は持っていただけると思ってます。

中国語との出会い

中国語と出会ったのは19年前。中国のことは何も知りませんでした。

みな自転車で移動、車は一部の人だけが乗れるもの、男性は人民服、女性はチャイナドレスを着ている。

そういうイメージしかなかったです。ストⅡの印象がすごかった。

カルチャーショックを受けた

そんななか、1人の中国人留学生と出会ったことがきっかけで、中国語を勉強しはじめました。

あ~どう

いわゆる恋です(笑)

彼女の話を聞いていると、中国人は普段人民服やチャイナ服を着ない、車は走っている、日本の中華料理は中華じゃないことなどが分かりました。

今となっては笑い話ですが、当時の私には相当カルチャーショックが大きかったです。自然とその子と中国語で話せるようになりたいと思うようになり勉強をし始めました。

中国語を勉強するにあたって意識したこと

その際、意識として気をつけたことが2つあります。

  • 英語学習のような失敗は二度としない(「読み」「書き」はできるが、「聞く」「話す」ができない)
  • 中国語及び他国の言語は日本語ではないから、カタカナ発音をせずに聞いた通りの発音を真似る。

こちらを徹底しました。

なぜ上記のようなことを考えたかというと、その中国人留学生から聞いた中国の授業の環境と私達が、勉強してきた環境との差がかなりあったからです。

学習環境の違い

中国人は日本語や他の言語を勉強すると2年ほどである程度しゃべれるようになります。

それは学習意識に大きな違いがあるからです。

英語を例に出すと

中国と日本の学習意識の違い

◎中国人

恥ずかしがって中国語なまりの英語を発音すると笑われる。

ネイティブのような正しい発音をすることを求められる。

◎日本人

ネイティブな発音をしようとすると笑われる。

「ぶってんじゃね~よ」という雰囲気があるのでカタカナの発音が普通

そりゃ聞き取れたり話せたりできるわけ無いですよね。だって日本語で英語風に話しているだけなんですから。

だから中国語を学ぶ際は「絶対に将来中国人と交流できるように勉強する」と決めてました。

具体的な勉強方法

では、実際にどのように勉強していったでしょうか?

中国語の発音のみでやっていくと固く決意する

まず繰り返しになりますが、大前提としてカタカナ発音はしないこと。なぜなら

あ~どう

中国語は日本語じゃないから

英語の二の舞になりたくなかったらまず中国語の発音のみでやっていくと決意してください。

自分が分からない発音は聞き取れるようにならないからです。

簡単なフレーズを繰り返す

私はCD付きの初心者向けの会話集を買ってその流れてくる発音をひたすら真似ました。

以下のような簡単な一言フレーズみたいなものがおすすめです。楽しんでできます。

その際、絶対にフリガナは見ないでください。発音の妨げにしかならないです。

それと並行して基本単語、ピンインを発音できるまで何度も何度も真似しました。

【初級者~中級者】話せる中国語が身につく学習方法+おすすめ参考書中国語を話せるようになるためにはどんな学習方法をすればいいのか?おすすめの参考書は?誰しもが通る悩みです。私は中国語を始めて19年目、中国で俳優をしております。...

最初が肝心

この最初の段階がとても重要です。なぜなら適当な発音のままでいると慣れてきた時に修正が難しくなるからです。

最初は発音なんてうまくできません。でも安心してください。段々できるようになってきます。日本語にない発音をするわけですから、発音をする口の筋肉ができておりません。最初はできなくて当然です。ただ、1ヶ月もやっていると驚くほどできるようになっています。

意識している人は意外と少ない

留学先の他の日本人も外国人もそのような意識で中国語を勉強している人は少ないです。

だから最初の段階で意識できれば、それだけでだいぶ周りと差をつけることができます。

日本にいる外国の人でもいつまで経っても変な発音している人いますよね?意識しないとこれでいいやって放置するのでそれ以上上達することはなくなります。

まとめ

初心者がやるべきこと
  • 中国語は日本語じゃないと強く意識する。
  • とにかく短い簡単な表現でいいので、聞いた通りに繰り返し発音してみる。
  • 一気に覚えようとしない。10フレーズならそれを繰り返す。飽きたら次に行く。

こちらが第一ステップとなります。

皆様の中国語勉強の一助になれば幸いです。

>>次回【中国語上達方法(気持ち編)】モチベーションを上げるには

▼以下に中国語学習の際に参考になる教材をまとめてます

>>【中国語初級者~中級者に推薦】厳選おすすめ中国語教材