結果を出す人出さない人の違い

【改善策あり】緊張する?本番に弱い?あなたそれ自意識過剰です

あ~どう

アイヤ~、どうもこんにちは!あ~どうです!

ホッパーくん

プレゼンや大事な会議、受験、スポーツの大会で普段ならしないようなミスをしたことがあるんだにゃ。なんとか本番で緊張しないでうまくやりたいにゃ。

今回はそんな悩みを解決します。

あ~どう

結論からいうと緊張しないためには3つの心構えが必要です。

  • やれる限りの準備をする
  • 本番に特別なことをしようとしない
  • 周りはあなたが思うほどあなたに関心がない

このことを意識すれば、頭が真っ白になって身体が震え、実力が出せないなんてことはなくなります。もちろん本番は普段とは違う状況ですが、いい緊張感を持って本番を迎えることができます。

あ~どうとは
  • 俳優を始めて15年目に突入。
  • 舞台、ドラマ、映画に出演し国内海外問わず大物俳優とも共演経験あり。
  • 緊張する場面はより多く経験してきたのではないか。

あ~どう

今回は俳優経験を活かし、ムダな緊張をせずに本番に強くなる方法を解説していきます。

準備不足は誰でも緊張する

あ~どう

準備不足のときは100%緊張をします。それは本番があなたの準備を上回っているからです。

①準備を怠る、または準備時間が短い

②自信がないから失敗することばかり考えて必然的に緊張する

③本番の空気に支配される

どんなにテクニックを学んでも準備不足なら緊張する

いくら緊張しないための心構えを覚えたとしても、準備がきちんとできていないとそんなものは一瞬で破壊されます。

  • 俳優でセリフを覚えていない
  • プレゼンで説明するところに分からないところがある
  • テストなのに勉強していない部分がある

こんな状態ではとても緊張しない状態は作れません。

ホッパーくん

おいらはこんな状態でも緊張しないにゃ

そうおっしゃる方もいるかもしれませんが、それは完全になめてるからです。どうでもいいと思っていると準備不足でも緊張しないですが、真剣に取り組む気持ちがあるのでしたらそれはありえません。

しっかり準備するとは?

もう何がきても大丈夫というほど準備ができれば完璧です。ただ毎回そこまで時間が取れるかというとそんなありませんよね。

あ~どう

だから限られた時間の中で、どれだけのことをその準備に充てられてきたかが重要です。

残り3日であればその3日間で余計なことに時間を使ってこなかったか?調べれられることはちゃんと調べたか?これ以上の練習時間は取れなかったというほど時間を充てたか?ということです。

不安要素を取り除く

準備に可能な限りの時間を使えば、本番で失敗するかもという不安要素は減ります。

ホッパーくん

でも準備をしっかりしていてもおいらは緊張するにゃ。

あ~どう

準備不足の場合はもっと緊張していたはずだよ。

逆に準備不足という不安要素が解消できれば、アプローチ方法や気持ちの持ち方を変えれば、頭が真っ白になり震えるような緊張はなくなります。

なぜならやれることはやったと後ろ向きな考えがなくなるからです。

本番だからと特別なことはしない

本番前だからと走りに行ったり、内にこもって精神統一をしようとしたり、いつもと違うことをするひとは多くいます。

でもそれって逆効果なんですよね。

ホッパーくん

えっ どういうことにゃ?

あ~どう

それは自ら緊張するように仕向けているんだよ

普段からあなたが走ったり、精神統一をしているならそれは特別なことではありませんので問題ないでしょう。

ただし、普段の生活の中でしていないのであればするべきではないです。

それはなぜか?

自分で特別なことを演出しているので、緊張しやすい環境になっている

いつもと違うことをやったりすると、脳が「今から特別なことをやります」と判断するので、余計に緊張しやすくなります。

いつもと同じでいいんですか?いいんです!

繰り返しになりますが、どうでもいいと思っていない限り本番では嫌でも集中し、いい緊張感が生まれます。

だから本番前に特別なことをする必要はありません。

あ~どう

普段のちからを発揮するには普段どおりに過ごさないといけないのです。

国内外問わず一流の俳優は普段どおり

日本でも海外(私は中国)でも、一流の俳優は本番前、例外なく普通にしています。ゲームをしたり、本を読んだり、談笑したり。

普段どおりに過ごすことが本番にどれだけいい影響を与えているか知っているからです。

彼らは本番で緊張したりパフォーマンスが落ちてますか?いい緊張感は持ってますが、変に気負ったりしてません。

人が緊張しててもどうだってよくないですか?

ぶっちゃけ人が緊張しているのを見たときってどんな気持ちですか?

あ~どう

「かわいそうだなぁ」とか「もったいないなぁ」くらいにしか思いません

失敗したときでもほとんど抱く思いは同じです。あなたはどうですか?きっと同じように思っているひとは多いはず。

つまりあなたは本番だからうまくやろうとか考える必要がないのです。周りはあなたが緊張しようが失敗しようがどうでもいいと思っているから。だったら、普段どおりにやってれば良くないですか?

あ~どう

どうせ期待なんかされていない。だったら逆に驚かせてやろうではないか!

緊張しないための大切な心構え3つ

緊張は周りの環境が作り出しているものではなく、あなた自身が勝手に作り出している幻想です。

緊張しないための心構え3つ
  • 可能な限りの準備をする
  • 本番だからと特別なことはせず普段どおりにする
  • 周りはあなたに興味がない、自意識過剰だということを知る

単純に慣れてくれば緊張しなくなることも多いです。

あ~どう

自転車に100回転べば乗れるようになるなら、いち早く100回転びましょう。

誰だって最初からうまくできる人はいない。できなくて当然と思っていれば心も楽になりますよ。その代わり準備はしっかりとやらないといけませんよね。

舞台上より舞台裏でいくら準備できるかですべてが決まります。

それでは、では!

【必読】人間関係にストレスを感じた時に読むべき心が軽くなる本8選ストレスは人間関係から起きます。ストレスが溜まると負の連鎖が起き精神的にも身体的にも悪影響が出ますよね。そんな問題を解決する心が軽くなるための本があるんです。先人たちの知恵を借りて問題に立ち向かう方法が分かるとずっと楽になりますよ。...

◆関連サイト お気軽コンシェルジュ

>>【元カード会社コンシェルジュ運営】レストラン紹介サイトの他にはない強みとは?

>>【予約可】渋谷区1万円以内のデート、女子会向けのおしゃれなイタリアン10選